設備工事で、より快適に生まれ変わる。

費用

ビルの吹き抜け

防犯性能も安定する

シャッターを電動化することで、防犯性能も安定することに期待を持つことができます。
シャッターを設置しようと考えたときに、防犯性能に期待することなく設置しようと考える人は少ないはずです。
もちろん、シャッターは鉄扉として暴風雨のような自然災害から住居や資産を守る役割を持っていることに注目することができます。
ですが、その点を考慮して雨戸的な使い方をする人よりは、防犯性能を期待してシャッターを利用する人が多いことは容易に想像できます。
ですから、シャッターを電動化することでセキュリティ性能を向上させることができることが、防犯性能も安定するという特性を獲得することにつながります。
防犯という目的でシャッターを取り入れたなら、電動化を導入して快適かつ安心できる環境を手に入れるようにすることができます。

ロック機構の設置

シャッターを電動化することによって得られる成果として、ロック機構を設置することができるという点が挙げられます。
従来利用されてきた巻取り式の製品では、手動で作業をする関係上こじ開けることが簡単です。
それに対して、電動化されている場合は巻き取り作業が電動化されることで、ロック機構の設置をすることにつながります。つまり、こじ開けたくても簡単に開けられるものではなくなることから、必然的に防犯性能が向上するということです。
同時に、電動センサーを装着することにもつながるため、それがさらにセキュリティ性能を高めます。鉄扉を破壊するようなこじ開け方の回避もできるのが、シャッター電動化の魅力です。