設備工事で、より快適に生まれ変わる。

機能

水色の建物

力が必要なくなる

シャッターの開閉作業を電動化することができると、世界が大きく変わります。
それは、リモコンを利用して手動で操作する必要がなくなることによって、実際の操作作業に力が必要なくなるという点によって世界が変わるという側面に着目するとイメージしやすくなります。
実際にシャッターを導入して利用している場合に感じる、開閉作業の苦労を感じる必要性がなくなることは、間違いなく注目するべきことです。
なぜなら、シャッターという、言い換えれば鉄の扉としか言えないのようなものを、屈みこんで垂直方向に持ち上げることは重労働だからです。
少なくとも、成人男性がグリップに手をかけて持ち上げようとした時にはそれなりの重量を手に感じるはずです。それを頭上よりも高く持ち上げること、ウェイトリフティング的な動作を行うこと、それがいかに大変かは想像に難くないはずです。
ですから、電動化を行うことによって重量を感じることなく、加えて人間の手をわずらわせることなく作業をすることができることは、大きな変化を与えてくれます。

バリアフリー化の成功

シャッターを電動化することによって、電気の力で自動的にシャッター鉄扉を巻き取ることができるようになること、それは人間がシャッターの上げ下ろし作業を行う必要がなくなることでもあります。
ですから、高齢になって重量物の持ち上げ作業を行うことが難しい人にとっても、腰を壊して大きな作業を行うことが難しくなった人にとっても、だれにでも平等にシャッターの開閉作業を行うことができる環境を与えてくれます。
住宅設備でもガレージなどで利用することのあるシャッターは、電動化することで間違いなく住宅のバリアフリー化を施すことができるようになります。
加えて、電動化をすることによって窓シャッターなどの作業も簡単になることで、窓シャッターをいくつも手動で上げ下げする必要がなくなることから、毎日の生活が快適になることは確定的です。